電報 結婚式 送り方

結婚式に招待されても…

 

結婚式に招待されても、場合によっては参加できないことがあると思います。

電報の手順は?

大事な友人・知人の挙式なら、申し訳ない気持ちになってしまう場合もあるでしょう。結婚式に参加できない場合、一般的には電報を送る方が多くなっています。

 

しかし、電報を送る方法が分からない方も少なくありません。タイミングを間違えてしまうと、式当日に届かないトラブルもあります。結婚式への電報の送り方は難しくありませんので、しっかり学んでおきましょう。

 

最初にやるべきことは結婚式の日程と会場の確認です。

電報を送る際に必ず必要になりますので、案内に書かれてある日程と会場の住所はチェックしておきましょう。基本的に電報は結婚式前日までに届くよう申し込んでおくことが大切です。場合によっては会場へ届くまでに時間がかかることもあります。前日になってからでは届かない可能性が高くなりますので、式の数日前には申し込みを済ませておくことをおすすめします。

 

日程と会場の確認が終わったら、次に電報を選びましょう。

どんな電報を送りたいか決め、新郎新婦が受け取ったときの姿を思い浮かべることがポイントです。電報選びに迷ったら、結婚式に使える、電報・人気ランキングが参考になります。

 

送りたい電報の候補が見つかったら、お祝いの文章を考えましょう。

祝電〜お祝いの文章を考えましょう。電報の台紙選びと文章を考える!文章は苦手なので、例文を参考にしたい方は、文例が参考になります。実際は、これらを並行して進める方法もおすすめです。

 

最後に送料などを含めた料金を確認し、申し込みをおこないます。後は会場に届き、新郎新婦に電報が読まれることを待ちましょう。このように申し込みは簡単ですので、電報選びとお祝いメッセージの考案に時間をかけるのがおすすめです。