電報 結婚式 文例

エピソードを添えてお祝いの言葉を贈る

 

学生時代の友人には、付き合いが深く長いからこそ分かるエピソードを添えてお祝いの言葉を贈るのがオススメ!

クラブ活動

部活やサークル・ゼミなど、学生時代ならではのエピソード

部活に夢中になっていたあの頃、当時の気持ちを呼び起こし懐かしい気持ちにさせてくれます。決まった文例の電報とは違いオリジナリティを演出することができるので、世界に一つしかない特別なメッセージになります。

 

出席できずに残念だという気持ちを添える

また、かけがえのない時間を過ごした大切な仲間だからこそ、結婚式や披露宴に出席できずに残念だという気持ちを添えることも忘れないようにしましょう。ユーモアも含めながら「おめでとう」の気持ちを伝えます。

 

文例:231文字

(その他の文例はこちら)

〇〇、結婚おめでとう!幸せいっぱいな〇〇の姿を一目見に駆けつけたかったけれど、残念ながら仕事の都合により出席できません。昔から情が熱く、いつも仲間を大切にしてくれていた〇〇。部活内でもいつもみんなから頼りにされるキャプテンだったよね!そんな〇〇だからこそ、今日はたくさんの人から祝福されているんだろうなと想像しています。新婦の○○さんは料理上手だといつも仲間内で自慢していましたが、今度は是非その美味しい手料理を頂きに遊びに行かせて下さい。いつまでも、お幸せに!

 
トップへ戻る