結婚式(挙式)・披露宴でやることは?

 

実際に挙式や披露宴に招待された場合、どのくらいの時間がかかり、どんなことをするのか、気になりませんか?心の準備をするためにも、事前に知っておきたいことを丸ごとご紹介します!

 

結婚式の所要時間と内容は?

結婚式と言えば、花嫁が父親とバージンロードを歩く姿を思い浮かべる人も多いですよね。実際にはどのくらいの時間がかかるのかというと、結婚式のスタイルはいくつかありますが、どれもおおむね30分程度です。

 

教会式の結婚式では、演奏やから始まり、新婦と父親の入場、賛美歌斉唱、開始の宣言、誓いの言葉、指輪の交換、証明書への署名、キャンドルへの点火、誓いのキス、結婚宣言、退場という流れになります。

教会での結婚

退場後にライスシャワー、フラワーシャワー、ブーケトス、記念撮影などがある場合も。

 

神前結婚では、新郎新婦入場、神官入場、お祓いの儀式、祝詞奏上、三三九度の盃の儀式、誓いのことば、指輪交換、神前に玉串をお供え、媒酌人か親族が神前に玉串をお供え、親族固めの盃、神官退場、新郎新婦退場といった流れになります。

 

参加する場合は、遅刻厳禁で15分前には到着できているように心がけましょう。
遅れそうな場合は、会場と、参列している友人に連絡を入れて、到着後は会場スタッフの指示に従いましょう。

 

披露宴の所要時間と内容は?

披露宴の平均所要時間は前半約45分+お色直し30分+後半1時間15分の、平均2時間半がオーソドックスです。

結婚式でのケーキ入刀

 

流れとしては、ゲスト入場、新郎新婦入場、開宴の辞、仲人あいさつ、新郎新婦紹介、主賓祝辞、乾杯、ケーキ入刀、お色直し、キャンドルサービス、スピーチ、余興、花嫁の手紙、花束贈呈、両家代表のあいさつ、閉宴の辞、新郎新婦・両親退場、と盛りだくさん。

 

その間、ランチやディナー、スイーツなどをゆっくりと食べたり、お酒を飲みながら参加するのが一般的。新郎新婦の写真を撮りに行ったり、ご両親にご挨拶したり、参加者とおしゃべりしたりと楽しい時間になること間違いなしです。もし、余興などを頼まれているのであれば、しっかりと練習を重ね、新郎新婦に喜んでもらえるようなパフォーマンスができるように心がけましょう!

 

参加できない場合は祝電を送ろう!

結婚式の披露宴に招待されたけれども、仕事の関係や遠方で日程調整ができなく参加できないとお嘆きのあなたへ、新郎新婦の心の隙間を埋めたい!そんな代替案がこれになるかも!

 

結婚式に送る祝電サンプル

 

普通は、祝辞を電報を送ります。電報は祝福できるツールなので、ぜひ活用してもらいたいサービスです。また、祝電は披露宴の中で司会の人からマイクによって読み上げられることが多いので、その場にいなくてもお祝いの気持ちがリアルタイムに伝えることができます。

 

もちろん心からのお祝いの祝辞は、メッセージの内容に関わらず伝わるものです。それでも、メッセージは完全な固定文だけでなく、なんらかのエピソードを添えてあげると、心からのメッセージのように受け取られるものです。

 

送り方も多種多様になっています。最近の傾向としては、お祝いの品と一緒にメッセージを送ることも普通になってきています。

 

お祝いの言葉に加えて、さらに工夫を加えてみませんか?日本国内では、そんなに頻繁には他の人はやってないことです。
もちろん、新郎新婦に受けること間違いなし!

 

実は、海外、アメリカの結婚式でよくやられていることなのですが、結婚式の会場をバルーンで飾ってあげることなんです。披露宴会場から受付、待合室、写真コーナー、二次会会場まで装飾にバルーン(風船)を取り入れることができます。

 

海外では大小それぞれの色あざやかなバルーンで会場を盛り上げるのがトレンドになっています。大きなバルーンや色鮮やかなバルーンは流行のインスタバエするものです。色鮮やかなバルーンは、写真写りも最高!会場に集まるどなたの目にも、好印象の光景として映るでしょう。

 

バルーンに、メッセージカードを添えて、バルーン電報としてお届けができますので、実用的です。すごいアイデアと思いませんか?また、新郎新婦にとって思いがけないサプライズが飛び込んできたと喜ばれるでしょう。

 

Balloon Kitchen / バルーンキッチンには、1000種類ものバルーンがあります。
可愛いもの、おしゃれなもの。子供にも喜んでもらえるもの。新郎新婦には、ちょっと大人の雰囲気なもの。それぞれの場所と雰囲気のものが揃っていますので、嬉しさと満足感一杯の贈り物になるでしょう。

 

 
ページの先頭へ戻る