電報 結婚式 文例

電報の文例 会社の同僚の結婚式に送る

 

会社の同僚が結婚するけれど、仕事で出席できないケース

仲間

会社の同僚と言っても職場が変わると、必ず休めるとは限りません。日曜、祝日が休めない会社だと全員一で出席などは不可能です。そんな時こそ電報が役に立ちます。

 

電報は、結婚で夫婦となった二人の新しい門出を心から祝い、その喜びに花を添えるものであり、受け取った二人にとっては一生に一度の思い出になる品でもあります。学生時代以上に長い付き合いになる会社の同僚にこそ、電報を送って、お祝いをしてあげる価値はあるのです。

 

職場で一律〇円のお祝い金で済ましてしまう職場もありそうですが、結婚される当人にとっては寂しさを感じるものです。ぜひ、職場全員からのお祝いのメッセージを届けてあげてください。

 

人柄が表すようなエピソードを付け加える

普段の職場で顔を合わせていますから、仕事している時の様子や性格、そして人柄が表すようなエピソードを付け加えると喜ばれます。

 

職場の仲間一同(連名)

当日、出席できない職場の仲間一同(連名)で、お祝いのメッセージを電報に託します。

 
トップへ戻る