電報 結婚式 例文 文例

電報 結婚式などの祝電に使える文例

 

文例の活用で、新郎新婦の印象に残るようなすばらしいメッセージを送る!

結婚式のご招待をいただいたけれど、出席することができなかったり。あるいは、大切な人の結婚を知り、お祝いの気持ちをお届けしたいようなとき。そんなときは、お祝いの電報、祝電をお届けするのが一般的であり、マナーでもあります。

 

でも、結婚式のお祝い電報、一体何をメッセージに書いたらいいかな?とっても悩みますよね。

 

電報を記念に楽しむ

お祝いの気持ちを、祝電という形で受け取った新郎新婦は、あなたのその気持ちに大変喜ぶとともに、美しい電報を記念に残して末永く楽しむことでしょう。ですから、電報を送る側としても、新郎新婦の印象に残るようなすばらしいメッセージを贈りたいということで、あれこれと考えてしまいますよね。

 

しかし、結婚式の祝電の世界には、様々な、複雑なマナーも存在しています。

 

 

たとえばそのひとつが、「忌み言葉」です。結婚式という、お祝いの場に相応しくないとされ、祝辞にはもちろん、祝電にも使うべきではないとされる言葉たち。「切れる」「離れる」といった“別れ”を連想させる言葉が、それにあたります。「たびたび」「重ね重ね」といった、一見してお祝いの言葉に使って良さそうな言葉も、“再婚”を暗示するものとして、お祝いの電報では歓迎されないものです。

 

これらの忌み言葉を上手に避けつつ、オリジナリティのある文章で、新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えるのは、実は簡単なことではないのです。そこで是非とも参考にしたいのが、「電報 結婚式 例文/文例」です。

 

祝電は、送る相手との関係によっても、ふさわしい言葉や内容が違うものです。同僚向けや友人向け、後輩や年下の人向け……。そうしたケースごとの文例を参考にすることで、シチュエーションにふさわしい、おしゃれで気の利いた祝電のメッセージを作成することができます。

 

インターネット上にも、祝電用の文例は散見されます。しかし、従来型の文字数の少ないNTT電報を想定しているために、オリジナリティが少なく、定型文じみた印象がぬぐえません。

 

確かに、結婚式に出席いただくことのできなかった方からお祝いの電報を送ってもらうのは、新郎新婦にとって、とてもうれしいこと。しかし同時に、いかにも定型文という雰囲気の、短い文章の電報をいただいたときには、内心がっかりするのも否めないでしょう。

 

電報サービスVERY CARDで使えるメッセージは、350文字までが無料。

ですから、ボリューム感のある文例の中からふさわしいシチュエーションのものを選び、あなたの感情や言葉を上手に組み合わせて、ふさわしくない言葉を避けつつも、センスの良い文章を簡単に作成することができますよ。

 

下記に、結婚式などの祝電に使える文例をご用意しました。

電報 文例 結婚式 女性の友人:長文205文字)
〇〇〇ちゃん 〇〇さん
ご結婚おめでとう!学生時代からスポーツが得意だった〇〇〇。活発で行動力もあって、同級生なのにお姉さんみたいで、でも繊細で女性らしく、私の憧れでした。
そんな〇〇〇が結婚すると聞いて、自分のことのように嬉しいです。先日リオで花開いた、金メダルの花のように、〇〇〇と〇〇さんも、光輝くご家庭を築かれることでしょう。お二人らしい、お二人だけの決勝戦勝利を心からお祝い申し上げます。末長くお幸せにね。

 

祝電を送る際には、どんな言葉を書くべきか迷うもの。文例があると、とても便利ですね。もちろん、オリジナルの文章も入るので、あなたのお祝いの気持ちを余すところなくお伝えすることができますよ。

 

また、近年結婚式などの電報・祝電では、単にデザイン台紙と言葉だけではなく、気持ちをこめたプレゼントを添えて贈るのが人気です。ぬいぐるみや、ゴージャスなウエディングドレスをまとったリカちゃん、定番のバラの花に、純潔の花嫁をあらわす真っ白な胡蝶蘭。記念品が添えられていることで、お祝いの気持ちはずっと大きく伝わります。従来型の電報では、ギフト付きにするとかなり頑張った金額になりますが、ベリーカードではメッセージ込みの料金で、安心してお送りいただけることでしょう

 

結婚祝いの文例集

上質で、すぐお届けできる電報が安い! ベリーカード〜文例集をご利用ください。