電報 結婚式 文例

文面|友人への押さえておきたいポイント

 

仲の良い友人に送る祝電ならフランクな内容でも構わないと思いますが、ご両親や両家の親族が出席していますので、あまりくだけすぎた文面のものは避ける方が良いでしょう。自分ではきちんとした文章を考える自信がないのであれば、電報の文例は下記からご覧になれますので、その中から選んで依頼することもでき便利です。

 

ユーモアやウイットの効いたメッセージを!

 相手がご友人である場合、学生時代、学業や部活、バイトなど共に切磋琢磨し、過ごした過去のエピソードを織り交ぜながらユーモアやウイットの効いたメッセージを作るとオリジナリティ溢れるものになるでしょう。ただし気を付けておかなければならないのは、電報は披露宴で読まれる可能性があるということです。気の置けない友人ということで文面も内容もついフランクになってしまうかもしれませんが、ここで記された祝辞の言葉は、新郎新婦のみならず親族やその他多くの列席者が集まる祝いの席で公にされても問題のない内容及び表現でなければなりません。

 

一生に一度の思い出。言葉を選んでみる

 新郎新婦二人が、その後も大切に保管するものであることも忘れてはならないでしょう。電報は、結婚で夫婦となった二人の新しい門出を心から祝い、その喜びに花を添えるものであり、受け取った二人にとっては一生に一度の思い出になる品でもあります。そのようなことを踏まえた上で、二人を温かく包むお祝いの気持ちを忘れずに思い出に残る言葉を選んでみてはいかがでしょうか。

 

文例はそのまま使わず、友人だけにわかるエピソードを

 文例の中から、お気に入りの文章を選んで利用するか、文言をアレンジするのもよいでしょう。そのまま使わず、友人や同僚だけにわかる、エピソードを付け加えると、結婚式の披露宴で読み上げられる機会は増えるでしょう。祝電は、式を華やかにするツールとなります。

 
トップへ戻る