電報 結婚式 送り方

結婚式への電報の送り方

 

【結婚式に行けない…誰でも簡単3ステップ!】

友人や知人の結婚式。せっかく招待されたけれど、仕事や大切な用事があってどうしても参加できない。いくら通信技術が発達している現代でも、体はひとつしかありません。代理で出席してもらうわけにもいかないし……。

 

そんな時に活用できるのが『電報』です。

一昔前までは、電報と言えば緊急用の連絡手段として一般に普及していました。映画やドラマのシーンで電報が使われているのを見たことが ある方も多いことでしょう。
しかし、携帯電話や電子メールが普及した今、活用の場は結婚式を はじめとする冠婚葬祭の祝電や弔電が主流となっています。もしかしてあなたは、結婚式の祝電を電子メールですまそうなんて思っていませんよね?やはり、心のこもった電報こそが適任と言えるでしょう。

 

【電報の送り方】

電報って、どのように送ればいいのか分からない?なんだか難しそう!?

ご心配なく!電報業界第2位の『VERY CARD』なら、たったの3ステップでだれでも簡単に電報を送ることができますよ。

 

電報 結婚式 送り方 具体的な方法は以下のとおりです。

<1.日程と会場の確認>

 まずは結婚式が行われる式場と日程を確認しましょう。披露宴に待ち合うように、早めに手配しておくことが大切です。結婚式の前日までに届けば問題ありません。式場がお休みの場合もありますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

<2.本文作成>

 つぎに本文を作成します。どのような文章を書けばいいのかと悩んでしまう方も多いですが、 難しく考える必要はありません。文例集などを参考にしながら、気持をこめて、手短にまとめ ましょう(300文字まで)。

<3.お申込み>

本文を書き上げたら、あとはお申込みをするだけです。華やかなものからキャラクターが モチーフとなっているものまで、さまざまな種類の電報から選ぶことができます。お好みにあわせて選択しましょう。

 

お申し込みは下記から

電報

 

 

【気持を伝えるために】
 いくら電話や電子メールが普及しても、結婚式にふさわしいのはやっぱり電報ですよね。
心からのお祝いの気持ちを込めて、新郎新婦を祝福しましょう!

 

電報 結婚式 送り方記事一覧

わかる!電報の送り方

結婚式に招待されても、場合によっては参加できないことがあると思います。大事な友人・知人の挙式なら、申し訳ない気持ちになってしまう場合もあるでしょう。結婚式に参加できない場合、一般的には電報を送る方が多くなっています。しかし、電報を送る方法が分からない方も少なくありません。タイミングを間違えてしまうと...

≫続きを読む

 

小さな結婚式

結婚式

全国で15,000組/年の方々が利用の《小さな結婚式》挙式プランは6万7000円。