ハッピーマリッジ

気持ちが伝わる存在感「ハッピーマリッジ」

 

私の恩師とも呼べる上司が結婚することになりました。とてもうれしいニュースで、心からお祝いしたいのですが、残念なことに仕事の関係で結婚式には出席することが出来ません…。せめて、お祝いのメッセージは当日会場へ届けたいと思い、電報を送ることにしました。様々な電報の台紙や種類がある中で、私の気持ちにぴったりのイメージだったものは「ハッピーマリッジ」という台紙でした。

 

ウエディング

 

ブラウンの台紙にゴールドの箔押しで「Happy Marriage」とあり、その色と書体がとても優雅で高級感あふれるものでした。また、フォトフレームタイプなので、メッセージを受け取った後は写真を入れて飾ることが出来るというのも、決め手となったポイントです。

 

 

かわいさや派手さはないのですが、とてもしっかりとした台紙で、特殊紙というものが使われているそう。これであれば、私が伝えたいメッセージがしっかりと届くような気がします。普段お世話になっている感謝の言葉とともに、お祝いの言葉を送りたいと思います。